2017年01月31日

第6回 カフェスタ ジャズ談議開催のお知らせ

 先回のジャズ談義を1月20日(金)の夜7時より開始。談議を展開する中に途中、大脱線が発生し収集のつかぬまま談議は停滞してしまった。
 停滞の原因は何か?以前までの一連の談議の進め方として、講師である黒田氏の原稿に沿って時にはサンプルとなるアーティストの曲を聴きながら進めていくのだが、今回の談議の中で突然突拍子もない意見が飛び出した。
 取り上げられた曲が従前より1にランキングされている「枯葉」をモチーフに、様々なアーチスト・コンボによる演奏の聴き比べをしている最中に「サラ・ボーン」の作品を聴いた後、それは予兆もなく始まったのだ。
 曰く「楽器替りにスキャットを採用するのは認められない!!」「こう言った声質は私には慣じまない」…等、およそ予想もしなかった意見が出始めたのだ。席を同じくしていた他の殆どの人達は、何が始まったのだと言わんばかりの表情を浮かべて、成り行きを見守っていたというのが現状であった。
 結局、その間に費やした時間が長引いてしまって、時刻も10時に差し掛かり、今日の談議はとりあえず終了し、次の第6回の談議へ持ち越しと言う事になりました。

〜第6回 カフェスタジャズ談義〜
期 日:2月24日(金)19:00〜
参加費:2000円(1ドリンク・ローストビーフサンドイッチ・他1品)
    ※アルコール・ドリンクの方はプラス100円となります。
講 師:黒田克行 氏
テーマ:ジャズ・ミュージシャンのアドリブの世界とビッグバンドジャズの魅力」
    ※お早めのご予約を承ります。

001.jpg
posted by cafesta at 23:12| Comment(0) | ★その他・定期外イベント