2017年03月17日

〜「能面」展示開催のお知らせ〜

 先刻お知らせ致しました通り、満を待しての機会がやって参りました。
 当店にての展示としましては勿論初めての試みで、既にお知らせした通り「能楽」「狂言」「能面」等に接する機会など滅多にあるものではありません。
 ここで少し能のルーツとなるものを紹介しておきます。現在能楽と称されている芸能の起源について、正確な事は判っていないが、7世紀頃に中国大陸より日本に伝わって、日本最古の舞台芸能である伎楽や奈良時代に伝わった散楽に端を発するのではないかと考えられている。散楽は当初、雅楽と共に朝廷の保護下にあったが、やがて民衆の間に広まり、それまでにあった古来の芸能と結びついて、物まねなどを中心とした滑稽な笑いの芸、寸劇に発展していった。
 それらはやがて猿楽と呼ばれる様になり、現在一般的に知られる能楽の原型が作られていった。

※当HP内に於ける共通事項として、EPISODE.5の「景教との出会い」の項をご暗証下さい。

展示期間は3月13日(月)〜3月末迄の約3週間に渡り展示しておりますので、旨い珈琲を召し上がりながら古典芸能の一端を垣間見ては如何でしょうか。

敬具

▼クリックすると大きな画像で見られます。
DSC_0146.JPGDSC_0147.JPGDSC_0148.JPGDSC_0149.JPG
posted by cafesta at 13:03| Comment(0) | ★その他・定期外イベント

2017年03月15日

〜第7回カフェスタジャズ談議開催のお知らせ〜

 来る4月7日(金)19:00より早くも第7回を迎える事になりましたカフェスタジャズ談議も最近では聴講する側から、種々の疑問、質問が飛び交う様相を呈してまいりました。
 今回はジャズ・ボーカル(男性・女性)をテーマとした講議の内容となりますが、実際始まりますと予定していた軌道からは、かなり外れてしまう事もしばしば…。

 どうぞお楽しみに!
ご予約が必要ですので4月5日(水)迄にご連絡、ご来店頂ます様、宜敷く御願い申し上げます。

敬具

▼クリックすると大きな画像で見られます。
002.jpg
posted by cafesta at 12:44| Comment(0) | ★その他・定期外イベント

2017年03月09日

〜カフェスタ写真展・お客様投票による順位の決定結果のお知らせ〜

この度の「テーマ:初春」の写真展の投票結果。
◆期間 平成29年2月19日(日)〜3月5日(日)の2週間

投票総数 147票

第1位 28票獲得 「春景色」後藤守男(写真6番)
第2位 15票獲得 「風光る」寺本 満(写真13番)
第3位 14票獲得 「春の兆し」山田あいり(写真4番)
同3位 14票獲得 「三冬(白川郷)の赤紅」下尾益巳(写真8番)

以上、4名の方々がそれぞれ受賞されました。
誠におめでとうございます。

第1位の後藤さんの作品は初日の展示日に於いて、他の作品をその総合力から、おそらくトップ当選を果たすだろうと予測できましたが、他方の寺本さんの作品が第2位に選ばれるとは、おそらく誰も予測しなかったものと思われます。(失礼)

教訓1:自作品に対する思い込み、思い入れが どうしても作用する。
教訓」2:何事もやってみなければ判らない。
                            以上

※追伸
 来る3月13日(月)には既告通り「能面」を3週間に渡り展示します。前日の12日(日)には写真展示を撤収しますので、次回の写真展示の期日とテーマをも決定します。 
 会員の方々は出来るだけご参加頂きます様、宜しくお願い致します。
                            敬白   
posted by cafesta at 13:02| Comment(0) | ★カフェスタ写真公募展

2017年03月03日

「能面」の展示を開催します!!

 突然ですが、当カフェスタの黒幕壁面にて「能面」の展示を実施開催致します。
 時期は、現在の処、来る3月12日(日)迄はカフェスタ写真クラブ主催の「テーマ:初春」の写真展示を実施して居りますので、その翌日の3月13日(月)から三週間程、手造りの「能面」を展示します。
 実は当店の以前からのお客様で「川邉昌弘」様と言う方が居られ、ご来店時には、その奥様と二人揃っておいでになって、珈琲やらぜんざいをお召し上がりになり、いつも微笑ましく対応させて頂いていました。かつてのジャズLIVE開催時ににも何度かオーディエンスとしてご来店されて、いわば馴染みのお客様です。
 ご来店される度に、何のかんのと当店のママがお話をさせて頂く中で、「手造りの能面」が何点かある。と言うことから当店で展示しましょうという運びとなった次第であります。
 先日、その中の一点を拝見しましたら、見事な完成度を伴った作品で、写真はその実物です。
 銘は「翁」(おきな)というそうです。
 平素、「能面」とか「能楽」に接する機会は滅多にあるものではありません。直に目の前で拝見してみては如何でしょうか。
 開催実現しましたら正式に展示状況をネット(こちら)にてお知らせ致します。

CIMG3229.JPG
posted by cafesta at 13:26| Comment(0) | ★定期ライブ情報